ブーツ

ブーツのニオイ

秋冬のオシャレには欠かせないブーツですが、問題点が1つ・・・それは「ニオイ」です。飲み会が多くなる年末ともなれば、座敷などでブーツを脱ぐ機会も多くなるでしょう。ニオイが気になって、飲み会どころではない・・・という女性も多いはず。

そこで、今回はブーツのニオイとその対策に迫ってみました!

ブーツの中はなぜ臭う?

以前、あるテレビの情報番組で「ニオイ測定器」を使ってブーツの臭いを測定する・・・という企画がありました。この結果、多くの女性のブーツは「納豆」レベルの臭いであることがわかったのです。では、なぜブーツの中は臭くなるのでしょう? 

「汗をかくから」「蒸れるから」といった声が聞こえてきそうですが、決してそうではありません。実は、細菌・バクテリアがブーツの臭いの原因なのです。足の裏は汗をかきやすく、なおかつ細菌・バクテリアの餌となる皮脂や角質も多く存在します。これにブーツの「ムレ」が加わると、まさに細菌・バクテリアが繁殖するにふさわしい環境となってしまうのです。

このように増殖した細菌・バクテリアは足の裏の皮脂を分解し、やがて「悪臭」を放つようになります。

悪臭成分を取り除こう!

オペルト 強力消臭スプレー(銀イオン)

ブーツの臭いに耐え切れず、思わず芳香スプレーをかけてしまった・・・という人も多いのではないでしょうか? しかし、これは間違った対策です。芳香スプレーをかけただけでは臭いの原因となる細菌・バクテリアやそれらが好む皮脂などはなくならず、かつ悪臭の原因となる臭い成分もなくなっていません。つまり、悪臭に芳香スプレーの「香り」を混ぜているだけ。これでは悪臭どころか、さらにひどい臭いにもなりかねません。

そこで、オススメなのが「消臭剤」や「消臭スプレー」です。芳香タイプとは違い、消臭タイプは悪臭の元となる臭い成分を中和させたり、吸着したりするので、それらを消滅させる効果があります。よって、足の臭いを根本から抑えることができるのです!

悪臭の原因を取り除こう!

足の臭いの原因はブーツなどにたまった「汗」や「皮脂」を好み、それらを栄養にして増殖した細菌・バクテリアです。つまり、それらの繁殖を抑えて、かつ減らすことが最も効果的な方法といえます。

では、どのようにすればいいのか・・・さっそく見ていきましょう!

皮脂や汗を少なくする

キレイミー ぴかりん 角質取り ヒジ・かかと用

足を清潔にすることが基本であり、最も大切です。お風呂に入ったときなどに皮脂や角質を取り除き、細菌・バクテリアのエサとなるものを残さないようにします。

また、脂っこいもの(肉など)を食べると汗が増加するので、なるべく野菜中心の食生活にするよう心がけましょう。

細菌・バクテリアを減らす

SLIM CONTROL 着圧パンスト ヌードベージュ ML 2足組 パワーサポート11hpa ヌードベージュ ML SP962M

ブーツの時は、抗菌タイプの靴下やストッキングを履くようにしましょう。抗菌だからといって全ての細菌・バクテリアが生じないかといえば、そうではありません・・・しかし、普通のものを使うよりは軽減が期待できそうです。

また、細菌・バクテリアは乾燥に弱いので、ブーツを何足(理想は3足以上)か用意して、毎日履き替えるようにするといいでしょう。

なお、履き終わったブーツは通気性のいい場所に置き、よく乾燥させてください。

10円玉で悪臭を撃退?

10円硬貨

ブーツの臭いを取るのに、たった10円しかかからない方法があります。

それもそのはず、ブーツの中に10円玉を入れるだけ! 10円玉から発生する「銅イオン」が消臭効果を発揮し、ブーツの中のいやな臭いを取り除いてくれます。

簡単かつ安いうえ、とても効果的なのでぜひ一度お試しください!


ページの先頭に戻る