ブーツ

体型で選ぶ

脚にコンプレックスを持つ人にとって、ブーツは「七難隠す」アイテムです! しかし、間違ったものを選ぶと、そのコンプレックスが余計に強調されてしまうことに・・・。

そこで、今回は体型別にオススメのブーツをご紹介します!

ふくらはぎが太め

ブーツ

ブーツを選ぶときは決まって「ふくらはぎの履き口に指1本通るくらいのゆとりが必要」といわれますが、美脚を目指すならNG。脚を細く見せたいなら、履き口部分はできるだけピッタリしているほうがいいでしょう。

指1本の余裕を持たせてしまうと、細く見えるはずの足がもっさりしてしまいます。ただし、ピッタリしすぎて履き口部分にふくらはぎのお肉が乗っかる・・・というのは問題外です。このような場合は違う商品を選ぶか、幅伸ばしをしてもらってください。ほとんどのブーツは履いているうちに伸びてくるので、なるべくピッタリ目のブーツを購入するようにしましょう。

なお、ハードコア系やカジュアル系のブーツに関してはこの法則が当てはまりません。これらはブーツそのものにボリュームがあるので、余裕を持たせた方が実際よりも脚が華奢に見えますよ!


足首が太め

[ヴィクター] VICTOR ロングブーツ UVI0110 BL (ブラック(BL)/39)

足首部分にポイント(ベルトやリボンなど)のあるブーツは、足首のくびれをグッと強調する効果があります。また、足首部分に切り替えのあるブーツもこれと同様の効果があるそうです。

さらに、足首が引き締まって見えることで脚長効果もあるとか。


背が低め

[カプリコルナス] CAPRICORNUS ベルト付ロングブーツ 16903 DBRS (ダークブラウンスエード/34)

ヒールが高く、かつ脚長効果のあるブーツを取り入れましょう。

同系色の色で上下をまとめず、トップスに明るい色、ブーツを含めたボトムスには暗い色(黒やこげ茶など)を持ってくると視線を上に集めることができ、背が高く見えますよ!


O脚

O脚の人にオススメなのは、クシュッとたるませて履くタイプのブーツです。普通のブーツだと脚のラインがはっきり見えてしまうため、O脚をごまかすことはできません。しかし、クシュッとさせることで脚の輪郭をぼやけさせる効果が働き、曲がっている部分が強調されずに済むのです。

他にも、ゆったりしたブーツ(ウエスタンブーツやジョッキーブーツなど)だと脚の形を隠すことができますよ。なお、高く細いヒールだと内側に傾きやすく、転倒する恐れもあるので、ブロックタイプや低めのヒールを選ぶようにしましょう!


ページの先頭に戻る